So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱりダメでした〜(T_T) [写真]

work01.JPG

作業の合間に失礼します。
もう昨日になってしまいましたが、地元のワークショップ
参加してきました。
写真スキル向上の為、写真家の飯田鉄さんの指導の元、
地元の街並を撮影してきました。
参加者さんは、学生さんから年配の方まで幅広く、
スキルも「今日初めてちゃんと写真を撮る」と仰る方もいれば、
ベテランの方まで、こちらもまた色とりどりでした。


結果から言ってしまうと(もうタイトルで言っちゃってるけど)
ダメでした……[あせあせ(飛び散る汗)]
撮影の後、公民館でスライドに写真を投影しながらの講評会が
あったのですが、どの参加者さんの写真にも、先生は必ず

「面白い」「○○な所が面白い」「ここは○○だから、選ばない」
「○○な所があなたの持ち味」

と、未来あるコメントを言って下さっていたのですが
私だけ、言って下さいませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
舞台でスベッって虚しく舞台を下りる、芸人の気持ちが痛い位分かったよ、ママン[バッド(下向き矢印)]
私、カメラ持つのに向いてない???

「自然と時間、これに拘って撮ったが伝わる、でも拘り過ぎてはダメ」
「まとめて写真を見ていると、トランプのカードをパッパッと見せられているかのよう」
「被写体との距離感が安定していないので、距離感の保ち方を決めよう」
「時代を扱う方が向いている」

自分の写真が、どのようにダメかを知りたくて、
それと同時に、自分はどの方向を向いたら伸びるのかが
知りたかったので、それは私にとって凄く酸っぱ苦かったけれど
良い経験でした。

work02.JPG

ちょっと我が侭を言うなら、
私も皆さんと同じようなコメントが欲しかった……なぁ……。
私、「それ以前!」って感じだったもんなぁ。
講評の後、地元のギャラリーに展示する為の写真を3枚選ぶのだけれど
先生がハッキリこの3枚が良いと選ばれた方や、どれも捨てがたくて
迷うのだけれど、この3枚という感じで選ばれた方が多いのに、
私は、無いんだけど選べばこの3枚?って感じでしたよ。よよよ[もうやだ~(悲しい顔)]


work03.JPG

先生が、どの参加さんの写真でも敬遠したのは
「人に良くみられようとした一枚」

先生が、その人の良さや個性を見いだした一枚は、
「自分が撮りたいように撮った結果、面白みが出た一枚」
平たく言うと、
「自分がカメラを楽しんで撮った一枚」

だったように思いました。
結果を求めて写真を撮ってはいけないな、と反省しました。
スキルアップできない理由、それは私がシャッターを押しながら
「人に自分を良く見られたい!」という「写心」でした。
私という主体がない、だから個性も面白みもない………
知識の有無、技術うんぬん以前の問題かも?って
凄くすごく思いました。
も〜、チョー凹むんですけど[あせあせ(飛び散る汗)]

私、撮る本当の楽しさをまだ知らないのね。

私なりに、緑がキレイで惹かれたから拘ったし、
古いものが好きで惹かれたから拘った……
でも「人に自分を良く見せたい」って、気持ちを飾ってしまった。
だから本音が隠れてしまって、それが写真に出たのね。
誉められたくて撮る一枚なんて、ダメよね。

ワークショップが終了して、みっともないんだけど私、
先生に
「私も先生に面白いって言ってもらいたかった。私だけ言ってもらえなかった」
と言ってしまいました。
先生はちょっと困った顔をして「そんな事はないですよ」と言って下さいました。
それが「そうですね」と言えない建前なのは分かったので、更に凹んだのですが
「頑張ります!」と言いました。
先生は、「頑張る? 写真は楽しくね!」と最後に素敵な言葉をくれました。

全ては、そこから。
以前にも尊敬する方から、「写真は楽しくね!」と言葉を頂いていて
その後も色んな場面で「楽しく」と言葉を頂いていたのに、
きちんと分かっていなかったんだなぁと思います。

他人に心を否定される事に怯える自分、何とかしなくっちゃ。


何だか同じような事を何度も言ってしまって、
凄く読みにくい文でごめんなさい。
気持ちの整理しようとして、書いた文なので。


work04.JPG

↑ 講評会で発表する為の写真の選定の時、先生が選んで下さった一枚。
nice!(4)  コメント(14) 

nice! 4

コメント 14

nana

haruさん

はじめまして

haruさんの写真を見ていて思う事

それは自分の視線で撮っている事

先生にこんなこと言って欲しい

そう思っていますか?

私は先生の目線とharuさんの見方が違うのだと思います。

どこまで自分が納得して写真の撮り方を取得していくか

それが大事なのではないでしょうか?

技術を学びに行っているので評価も大切なのですが

先生が選んだ写真と意見をもっと考えてはどうでしょうか?

これはあくまでも意見です。

コメントをどう受け取るかはharuさん次第です。

私個人的な第三者的な意見でした。
by nana (2009-07-19 05:20) 

nana

最初に言っておくの忘れてました。
ダメじゃないって思います。
イキイキしてる写真があるじゃないですか

by nana (2009-07-19 08:19) 

ヨタ8

こんにちは(^^♪、僕もこう言うのにも、参加してみたいのですが、中々機会も無くて・・・haruさん目線でいいじゃないですか~、僕なんか、本当に我流です、でも、その中でもたまには、いけてるかなってのが見つかれば、良いし、それぞれの、楽しみ方が有っていいと思いますよ!
by ヨタ8 (2009-07-19 11:09) 

haru

>nanaさん

初めまして。
コメント、とっても嬉しかったです!
ありがとうございます。
初対面の私に対して、直球で話しかけて下さった……
耳に優しい言葉ばかりではないけれど、コメントを何度も
読んで、やっぱり私はカメラを持っていたいと思いました。

評価を得る為に写真を撮るのではなくて、
自分が撮りたいから撮る……
評価は、その結果???

拘り過ぎてしまったり、誰かの評価を気にしながら
撮るのは、本心を偽る事であったり、その被写体の魅力が
見えなくなってしまう事なのかな、と他の方の評価を聞きながら思っていました。
とにかく、被写体をちゃんと見ていない、関われていないのが、
今の私かも。

先生の目線は、被写体に魅力を見いだす視線。
私の目線は、自分に魅力を見いだしたい視線。

先生の言葉に対しても、nanaさんの言葉に対しても
まだ咀嚼不足ですね……

まずは、素直に撮る事から始めようかなって思っています。
もし良かったら、またいつでも遊びにいらして下さい。

by haru (2009-07-19 12:13) 

haru

>ヨタ8さん

ヨタ8さん、ありがとう〜vvv
私は、ヨタ8さんは撮る楽しみを分かっている方だなって
思いました。

>haruさん目線でいいじゃないですか~

本当にそうですね(^^)
誰かにとって素敵な目線ではなくて、私自身が被写体を
素敵と思える目線で、被写体と向き合えたらいいなって思います。
まずはそこから始めて、きっとだんだんと自分なりの
楽しみを見つけられるようになりたいです。

また来月にも、ワークショップに参加予定です。
http://www.kawaguchi100k.info/event/index.html

次はちゃんと自分を出せたら良いなって思います(^^)


ヨタ8さん、もし良かったら、また「街角激写団」が開催されて
ヨタ8さんが参加する日がありましたら、開催日を教えて下さい。
by haru (2009-07-19 12:53) 

ヨタ8

街角激写団は9月第1週土曜予定です、多分新宿かな~?僕は、14時位からの参加になる予定です、他にもオフ会が有りましたら、連絡しますね、ご都合の良い時にどうぞ(^^♪
by ヨタ8 (2009-07-19 14:17) 

ぅめ

こんにちは!
haruさんは 凄いですヨ~!
ちゃんと 写真家の先生に評価してもらって 率直に受け止め分析 この積み重ねが無いと駄目でしょうね~
私なんか 自己流で だらだらと ただシャッター切ってるだけですから...
趣味から上には とうてい行けない感じです。って 趣味だから 良いや って割り切ってたりで...
ただ 機材だけは 色々とそろえたりして お金ばかり使っています。困ったものです。
by ぅめ (2009-07-19 16:01) 

めりー

写真て難しいのですね。(^^;
カメラという機械を使って、シャッターを押すだけなのに・・。
もちろん構図やレンズ・シャッター速度など
いろいろ細かい設定や考えることがあるのでしょうが・・
私は難しい理屈は苦手で・・・(笑)
理屈じゃなく 見て「いいな!」って思える、心をひきつける写真が好きです。
いろいろ悩みながら切磋琢磨して、いつかきっと自分らしさにたどり着けるのかもしれませんね。
ファイト!(^^)/
by めりー (2009-07-21 00:22) 

TO-LUCKY

haruちゃん、おつかれさまでした!
難しいんだねぇ…
ど素人の私から言わせてもらえば、こういう場で撮る写真って先生に評価してもらうのが前提なわけじゃない?
だから「自分を良く見せたい」って気持ちになるのは、人として当たり前じゃないかな。
もちろん、先生の言ってることはわかるんだけど。
先生が気に入るかどうかより、自分が自分の写真を好きでいられることが大事ではないかと。。。
うまく云えないけど、haruちゃんにはこれからも自由にカメラを楽しんでほしい!がんばれーvv
by TO-LUCKY (2009-07-21 12:08) 

haru

>ヨタ8さん

激写団情報、ありがとうございます!
9月の第一土曜日ですね……☆
本当に写真を楽しんでいる方達と一緒に
時間を過ごしてみたいなぁと思いました(^^)
ありがとうございますvvv
by haru (2009-07-21 14:27) 

haru

>ぅめさん

いえいえ、凄くなんかないですよ〜。
自分の写真は、どうやって伸ばしたら良いのかが分からなくて
参加しただけですから(^^;)
私、趣味の範囲でも、満足に撮れていないので……

ぅめさんは、凄いです!
ぅめさんの写真は、季節の花便りだったり、心地良い
海や砂だったり、見ていて楽しいと思っています。
写真を見た方の五感に、感じさせる写真を撮れるって、
凄いんですよ〜☆
私もそんな風に写真を撮れるようになりたいなって思っています。

by haru (2009-07-21 14:36) 

haru

>めりーさん

写真は、「いいな」と思ってシャッターを押すだけのもの
なんじゃないかな?って思います。
今回の事を通じて、そんな風に思いました。

>理屈じゃなく 見て「いいな!」って思える、心をひきつける写真が好きです

私もそう思います。
理屈ですぐ考えてしまう…… 私の悪いクセです(^^;)
もっと素直に、心を楽にして、写真を撮ろうと思います。
温かい言葉をありがとう、めりーさんvvv
by haru (2009-07-21 14:40) 

haru

>sasukeさん

ご訪問、ならびにniceをありがとうございます!
初めてのワークショップへの参加でしたが、結果は散々でした(^^;)
でも反省して気付いた事があったので、これは次へのステップだと
思って頑張ろうと思います。

by haru (2009-07-21 14:41) 

haru

>トラ殿

トラ殿らしい、あったかい言葉をありがとうvvv

>先生が気に入るかどうかより、自分が自分の写真を好きでいられることが大事

それが多分、自分で納得しながら撮るって事なのかも知れない。
人の評価も大事だけど、まずは自分自身が納得して楽しむ事が
必要なのかも???
分からない事を知識や経験で埋めて楽しむのも、また楽しみかも
知れないけれど、一番の楽しみは自分の心の楽しみなのかもね。

また時間を見つけて、先生と回ったルートを自分一人で歩いて
撮って来るよ。
今度はちゃんとその場所の「声」が聞こえる様に、
向き合ってくる。

by haru (2009-07-21 14:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。